映像プロダクションから一念発起!電力会社でキャリアアップを目指す日々是決戦!

( 更新日:2020/10/20)

★九州の人気企業BEST5★

2018.7.30

BEST5毎年、全国各地の企業で新卒採用が行われています。新卒採用に関しては様々な新卒紹介のサイトなどがでてきており、新卒採用の動きは活発になっています。九州にも沢山の企業がある中で、学生達は新卒紹介を参考に採用活動をします。ここでは九州の人気企業BEST5をご紹介したいと思います。

1位:TOTO株式会社

TOTOといえばトイレの会社と思われている方が多いかと思いますが、その高い技術を活かして住宅設備機器、特に水まわり製品を中心とした、研究・開発・設計・製造・販売、更に新領域事業として環境建材、セラミック、光触媒なども行っています。TOTOではTOTOおよび製造、販売、施工、アフターサービス等のグループ会社で技術職、営業・企画職の総合職採用、障がい者の採用を行っています。TOTO採用ホームページには社員たちの生の声や仕事内容などが載せており、採用ホームページでオンライン説明会を掲載しているので短時間でTOTOの情報を把握することができます。募集職種は、営業・企画職/国内営業、事業企画、経理、人事、購買、法務、総務、国際など技術職/研究、商品開発、生産技術、技術営業、知的財産、工務、物流などがあります。

2位:久光製薬株式会社

サロンパスでおなじみの久光製薬株式会社ですが、サロンパスは世界100ヵ国以上に商標登録され、現在は世界共通語となっているほど普及しています。久光製薬は「貼る文化に国境はない」「良い商品に国境はない」を合言葉にサロンパスをはじめとした医薬品等を世界各国に輸出しています。アメリカ、ブラジル、ベトナム、インドネシア、中国、台湾、シンガポール、フィリピン、インドネシアには現地に販売又は生産拠点をつくるなど、積極的な国際展開もすすめています。経皮薬物送達システム(TDDS)を応用して、医療用医薬品としてモーラス、モーラステープ、一般用医薬品としてフェイタスブテナロックなども販売し、これらも改良を重ねニーズに合った商品へと成長させています。TDDS製剤は、癌性疼痛、狭心症、高血圧、アルツハイマー病など幅広い疾患領域で期待されているので、研究開発にも力を入れています。応募職種は、医療用医薬品MR、一般用医薬品MR、研究職、臨床開発職、安全性情報管理職、品質管理職があります。

3位:株式会社コスモス薬品

株式会社コスモス薬品は、ドラッグストア・医薬品・化粧品・調剤薬局の専門店です。安心してお買い物が出来る店内、低価格の実現、身近なお店、地域密着を心掛けた店舗、生活に必要な商品が全て揃うワンストップショッピングを可能にした店舗経営で地域の暮らしを豊かにするドラッグストアを目指しています。コスモス薬品では、接客にも力を入れており、極めて感じの良い応対で日本一の接客を目指しています。どのようにすれば更に良くなるか、もっと良い方法はないのかの積み重ねがコスモス薬品の飛躍の原動力と考えているため、1年目の社員やパート、アルバイトの方にも会社を良くするアイデアを自由に提案できる仕組みを作っています。ドラッグストア日本一を目指す仕事として店舗の運営し、経験を積んだ後店舗の店長として『人・物・金』のマネジメント、将来的には店舗を極めるエリア長や、店舗を支える本社業務を目指す人材を採用しています。

4位:リーフラス株式会社

リーフラス株式会社は、2,900以上の子供向けスポーツスクールを開催しており、17年連続で会員数及び売上の増加を達成しています。会員数は、45,000名を超え子供向けスポーツスクール業界では圧倒的No.1の実績を誇る会社です。『日本中の子供達の問題をスポーツにより解決する』ことをミッションに掲げ、47都道府県全てにスクール開設し国内どの地域でもサービスが提供できる社会的インフラを目指しています。プロ野球・Jリーグ(サッカー)・Fリーグ(フットサル)・Bリーグ(バスケットボール)・3人制バスケットボールリーグ(3on3)・地域野球リーグの各社と、スクール事業において業務提携をして様々なプロ球団と共にスポーツ人口の拡大に邁進しています。福岡ソフトバンクホークス、東北楽天ゴールデンイーグルス、東京ヴェルディ、鹿児島ユナイテッドFC、エスポラーダ北海道、埼玉ブロンコス、四国アイランドリーグplus、TRYHOOP OKAYAMA. EXEなどと提携しています。仕事内容は、子供向けスポーツスクールの運営全般に加え、部活動支援・ヘルスケア支援・スポーツイベントの企画・実施、各種スポーツ団体へのマネジメント支援なども行うソーシャルアクション部門と、広報、経理、総務、人事、財務、CS、商品管理、秘書、システムなど、事業の中枢機能を担うサポート部門があります。

5位:西日本鉄道株式会社

西日本鉄道株式会社は、電車やバスを走らせその沿線・路線上にマンションや戸建住宅を建て、商業施設をつくるなど多角的に事業を展開しています。自動車事業、鉄道事業、住宅事業、都市開発事業、ホテル事業、国際物流事業、その他 多角的に展開する事業を有機的に結合させ社会に貢献する事業を提案、創造していくことを使命として会社を展開しています。住宅事業ではベトナムにてマンションと戸建住宅の複合開発プロジェクトを進めており、ホテル事業では韓国・ソウル中心部やプサンに高級ビジネスホテルを開業しています。今後は、タイ・バンコクにも出店を予定するなど、積極的に海外に進出することで事業のフィールドを拡大し続けています。西日本鉄道株式会社では、地域とともに歩み、ともに発展するという企業理念のもとに、新しいチャレンジができる人材を求めていますので、新入社員も一年目から責任ある大きな仕事を任され、やりがいを持って仕事ができます

★AI技術を活用した新卒採用★

2018.7.09

AI技術近年、採用業務にAI(人口知能)技術を活用する動きが各業界で活発になってきており、新卒採用でもこのAI技術を使う動きが出てきています。AI技術は、AIが蓄積された採用データを学習し企業が求める人材の傾向を分析したり、企業が求める人材を選ぶできる技術で、2015年にNECが開発したAIシステムを3社が導入したことで話題となりました。AI技術の導入は都心部に留まらず九州でもAI技術の導入を検討する企業は増えてくるでしょう。AIが過去の新卒採用のデータを学習することで、新卒採用の入社志望者の履歴書を分析し、採用方針に合致する人材をピックアップし照合までおこなうので採用担当者の業務を軽減できるのです。履歴書では企業にマッチするか判断ができないため、面接で採用担当者が選定していましたがAI技術を導入することで採用担当者の判断ではなくデータに基づいた精度の高い選定をおこなうことができます。最近では、GROWという新卒採用に活用できるアプリも開発されています。このアプリは、学歴や自薦情報だけで判断せず、学生の潜在能力を引き出すことができるところが特徴です。学生は友人や先輩などと質問に沿った相互評価を行い能力・適格性を収集しAIが企業側が重視するコンピテンシーとのマッチングをAIが行うことで適合率の高い学生を企業側に推薦できるという仕組みです。企業側からしたら、自社が求める人材にピンポイントでアプローチをすることができるメリットがあります。従来のような面接官による採用だと採用担当者の経験によって評価に変換することになりますが、採用した後3年後離職率の平均が30%を超える状況からみると面接官だけで人選をすることには課題があるといえるのではないでしょうか。このようにAI技術を導入することは企業側にとってかなりのメリットとなりますが、元となるデータは必要です。データとは、業務ごとに必要とされる能力を数値化をする必要がありますがこのようなデータ化を日本の企業は苦手とする所が多いのでAI技術が急速に普及するのにはまだまだ時間がかかるかもしれません。

★諦めるのはまだ早い!第二新卒採用で挽回できる!★

2018.5.07

第二新卒新卒採用という言葉は昔から耳にするでしょうが、最近では第二新卒という言葉もよく耳にします。新卒採用で入社した方が3年以内に離職する割合は、中卒で7割、高卒で5割、大卒で3割と言われています。第二新卒とはどのようなものかというと、高校や大学学校を卒業した後一度就職をしたが数年で退職をした後、次の仕事を探す25歳前後の若者のことをさします。新卒採用に比べると一度離職した経験のある第二新卒の方は仕事を探しにくいというのが現実です。しかし、最近では第二新卒の方向けの仕事探しのツールがたくさん出てきているようです。九州の方は、卒業後に数年都心部に就職したけれど退職してしまい、次は地元で働こうと考えている方も多いと思います。九州でも第二新卒向けの仕事探しのサイトや、第二新卒者向け求人などもたくさんありるので安心して仕事探しができるでしょう。まずは新卒採用のサイトだけで求人探しをするのではなく、一般的な転職サイトなども活用しながら就職活動ができるということを覚えておきましょう。新卒採用向けの就職サイトには、募集年度にあたる年の卒業予定者のみが対象の求人がほとんどですが、中には第二新卒や既卒者の方も応募が可能な求人も多くあります。また、気になる求人が募集年度にあたる年の卒業予定者のみの求人でも問合せてみれば第二新卒も応募できることもあります。第二新卒を採用する企業は、人柄や仕事に対しての意欲など人物面を重視しているところが多いため、前職の経験が活かされる場合もあります。特別な経験やスキルを強く求められているわけではなく、人柄や仕事に対する意欲を重視している求人であれば十分にチャンスはあります。ですから、社会人経験は数年しかない方でも一度は社会に出て働いた経験はあるわけですので自信に持って就職活動をされるといいでしょう。第二新卒として就職活動する場合、いくつか注意しておく点があります。それは、第二新卒の方は一度は退職した経歴があるので、面接の際に必ずと言っていいほど聞かれるが、なぜ前職を辞めたのか?という質問です。退職の理由は人それぞれあるでしょうから合否に影響するのではないかとマイナスに思う必要はありません。ただ、大切なのは退職理由を伝える時は変に取り繕うとしないことです。万が一、退職した理由が人間関係や会社への不満が原因の場合は、面接でそのまま伝えてしまうと前の会社の悪口、人のせいにしてるなどのマイナスなイメージを持たれてしまうからです。本当の理由は人間関係や会社への不満があったとしても「プラスの理由」を伝えるようにしましょう。

★九州の地元就職を目指すUターン就職のポイント★

2018.5.01

Uターン就職Uターン就職とは、地方で生まれ育った人が都会の大学に進学し、卒業後に故郷に戻って就職することを指します。九州でも都心の大学に進学したけれど就職は地元でしたいと考えている学生の方がたくさんいらっしゃると思います。ここでは、九州の地元で新卒採用を希望している方の対策とポイントについてご紹介します。九州での新卒採用は、都心部での就職活動とは異なる部分が多いので、有利に進めて行くためのポイントをしっかり抑えておきましょう。Uターン就職のメリットは、就職する地域が限定されているので地元企業が開催する合同説明会や企業説明会に集中できることでしょう。デメリットとして、地元企業の新卒採用の時期は都心部に比べると遅いというところです。新卒採用の時期が遅いということは、九州でのUターン就職を単願している方であれば、都心と地元を併願している学生よりも面接経験に大きな差がつき、対策の遅れが出やすいという点があります。なので九州でのUターン就職を単願する人はしっかりと考えてスケジュールを立てていくことが大切です。例えば、先に都市部の企業の採用試験を受けて経験値を貯めておいても良いでしょう。次に踏まえておいたほうがいい点は、各地域には地元優良企業が存在し、地元学生を含めて高い人気があります。ターン就職だから倍率も低いなど安易に捉えず、地元の優良企業を目指したい=倍率の高い企業ということを念頭においていきましょう。また、志望動機をきちんと明確に持っておくことはとても大切です。単に地元で就職したいなどの理由では通用しません。地元を離れ都心の大学に通ったのですから地元学生と差をつける事が大切です。地元学生と志望動機に差をつけることが出来ればより内定を獲得できる可能性は高まるでしょう。例えば、都心でしか経験できなかったこと、都心と地元を比較し、都心の良さと地元の良さを天秤にかけ地元学生と差をつける、都心での一人暮らしの経験から得たもので差をつけるなどを志望動機に取り入れてみるといいでしょう。なお、選考が比較的に遅い地元企業を受ける場合、事前にES提出から最終選考までの一連の流れを経験しておくことをおすすめします。一般的な選考手順は、会社説明会→書類選考→1次選考→2次選考→最終選考となります。これを見てわかるように、書類選考を除くと内定を獲得する為には最低4回はその企業に行かなくてはなりません。1次面接と最終選考では雰囲気も違いますし、聞かれることも違います。地元の第一志望の企業を受ける前に、他の企業を受けてこれらの一連の流れを経験することで対策も取れるので志望企業の採用試験の際は自信を持って臨めます。

★九州で人気の新卒採用を行う企業は?★

2017.6.09

九州の新卒採用九州の大学生も新卒採用で東京など首都圏を目指す傾向にありますが、九州にも魅力的な企業は沢山あります。中小企業だけでなく、なかには上場企業など全国的に有名な企業も地元で新卒採用を行っています。地元なら移動が楽なだけでなく、交通費も安く抑えることが可能です。首都圏は選択肢がもちろん広がりますが、九州圏内の企業も候補に入れつつバランスよく就活することをおすすめします。九州にある企業で地元学生に人気が高いのはやはり、福岡にある企業です。規模大きく経営体力もあり、知名度もあるため多くの就活生が集まります。特に人気が高いのはふくおかフィナンシャルグループです。福岡銀行、親和銀行、熊本銀行を傘下に持つ巨大地銀グループの1社です。金融系は給与も高いことから文系学生の支持が高いです。また、全国的な知名度はあまりないものの創業100年を誇るグローバル企業の安川電機も高い人気を誇っています。産業用ロボットでは世界トップシェアを誇っており、九州から世界で活躍したい学生にピッタリです。もちろん、グローバル企業で言えばTOTOも忘れてはいけません。トイレで有名な当社は、国内6割のシェアを誇る規模を誇っています。全国的な知名度で言えば、先に紹介した2社よりも有名企業です。他にも九州ではやはりインフラ分野の企業が安定しており人気があります。JR九州、西部ガス、九州電力など地域密着型で地元に貢献できることからも人気が高いです。新卒採用で内定をもらうには地元出身の九州の学生OBが多いので有利になる可能性も。OB訪問などある場合は積極的に参加して情報収集しましょう。九州ならば、大学も地元企業と独自のネットワークを築いているケースも多いので情報も豊富です。この機会に九州の新卒採用もチェックして、理想の会社がないかを探してみると良いでしょう。ただし、いくら地元の企業と言っても、九州から東京や大阪などの有名大学に進学した学生がUターンで新卒採用を目指す場合もあるので、準備は怠らずしっかりアピールできるよう対策を講じていくことが重要です。

★新卒採用を九州から探すならユニクリナビの就職支援サービスがおすすめ!!★

2016.4.22

ユニクリナビ福岡で新卒採用を目指す大学生の方は、就活支援サービスを利用していますか。大学の就職課を利用するのはもちろんですが、人材紹介会社の支援サービスもおすすめです。就職のプロが企業紹介から書類の添削、面接対策、内定までのフォローまで一貫してサポートしてくれる心強い内容となっています。リクナビやマイナビなど大手人材会社でも新卒採用のサポートを行っていますが、九州で新卒採用を探すならユニクリナビがおすすめです。ユニクリナビを運営しているユニバースクリエイトは麻生グループとして、福岡をはじめ九州に幅広いネットワークを有しています。したがって、ユニクリナビでしか入手できないような貴重な求人もあるので魅力です。就職支援サービスは、JOBマッチと呼ばれる名称で実施されており、無料で内定までサポートしてもらえます。新卒生にとって就職活動は初めてのケースであるため、プロが二人三脚でフォローしてくれるのは非常に心強いです。「自分は何がやりたいか分からない」「どんな職業が向いているか分からない」といった人も、専任のコーディネーターがヒアリングを行い最適な仕事を紹介してくれるので安心です。よく就職支援を受けると、内定をもらったら辞退できないと思っている人が多くいますがそれは間違いです。自分で興味のある求人を見つけて独自に動いて内定をもらったなら、ユニクリナビを通さず就職可能です。したがって、独自に就活する一方で、ユニクリナビから新卒採用の求人紹介などを受けるとより効率よく仕事を探すことが可能となります。首都圏はだけでなく、福岡にもたくさんの優良企業から新卒採用が募集されているので、上手に活用しながら理想の会社に入社しましょう。

新卒採用 九州はコチラ

映像プロダクションから一念発起!電力会社でキャリアアップを目指す日々是決戦!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) 映像プロダクションから一念発起!電力会社でキャリアアップを目指す日々是決戦! All Rights Reserved.