映像プロダクションから一念発起!電力会社でキャリアアップを目指す日々是決戦!

TOP > ★現役生が医学部を目指すなら大手?それとも専門予備校?★

★現役生が医学部を目指すなら大手?それとも専門予備校?★

2016.5.06

医学部予備校比較ランキング医学部は年々難易度が増加しており、偏差値が高くても志望校別の対策をしっかりと行っていないと合格が難しい試験となっています。特に、医学部は国公立私立に関係なく面接試験や小論文試験を導入している大学がほとんどのため、学力が高いから合格できるとは限りません。そこで、今回は現役生に絞って最適な予備校はどこかを考えていきたいと思います。まず、大手予備校は全国規模で校舎を展開し生徒数も多いため、医学部合格者数が非常に多いのが特徴です。優秀な現役生も数多く在籍しているので切磋琢磨しながら勉強できます。また、業界を代表する講師は大手に集まるため、レベルの高い指導が受けられるメリットがあります。ただし、生徒の数が多いため質問待機の時間がかかったり、フォロー不足によるモチベーションの維持の難しさなどデメリットもあります。したがって、ある程度の基礎学力が既にあり、マイペースに学習を勧められる人におすすめです。いっぽう、自己管理が苦手な人や基礎学力が欠けている人は、医学部専門の予備校がおすすめです。医学部予備校は、少人数制できめ細かなサポート体制を敷いているメリットがあります。また、医学部受験に特化しているので、必要な学習範囲に絞って効率よく学力を伸ばすことが可能です。情報量も豊富で講師陣も医学部受験指導の豊富な経験と実績があるのが特徴です。ただし、講師1人に占める生徒の数が少ないため学力はその分高額化しています。年間300万円以上の医学部予備校も珍しくないため、経済的余裕がない人は授業料の割引・免除が受けられる特待制度を積極的に活用していきましょう。また、医学部予備校のなかには非常勤講師の割合が多い予備校もあり、質問できる時間が限られているケースもあるため、できるだけ常勤講師の多い学校を選ぶことをおすすめします。以上のように大手でも医学部予備校でも校舎によって学習環境は大きく異なってくるので、まずは資料請求や体験授業を利用して自分との相性を見極めることから始めましょう。

医学部 予備校はコチラ

URL:xn--0kq33cz5c8wmwrqqw1d.jp

映像プロダクションから一念発起!電力会社でキャリアアップを目指す日々是決戦!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) 映像プロダクションから一念発起!電力会社でキャリアアップを目指す日々是決戦! All Rights Reserved.